グループウェア Aipoアプライアンス BIPO(バイポ)|ネットワーク・Linuxサーバ構築のBIAS.JP

ジャパンメディアシステム
会社概要 お問い合わせ
BIAS.JP

グループウェア Aipoアプライアンス BIPO(バイポ)

BIPO(バイポ)は、株式会社エイムラックが開発したオープンソースの無料グループウェア「Aipo(アイポ)」がインストール済みのジャパンメディアシステムオリジナル製品です。50ユーザ程度までが目安のSmall Edition と100ユーザ程度までが目安のMedium Editionの中堅・中小企業市場向けの2ラインナップ。購入後にすぐに運用開始可能なようにGUI画面からネットワークの設定も可能です。

特徴・概要

グループウェアアプライアンスBIPO(バイポ)は、主要3キャリアの携帯電話は勿論、iPhone3GSにも対応し、スケジュール情報などを外出先でも利用できる環境と、ポップなデザインが魅力です。また、ハードウェアには業界最小クラスの省スペース筐体でオフィス設置にフィットするスリムサーバ NEC Express5800を採用。中堅・中小企業向けに最適な製品です。

ソフトウェアライセンス費用は無料

OSにはCentOSを採用し、Aipoの全機能もオープンソースで提供しておりますので、ソフトウェアライセンス費用は掛りません。

PCタイプのコンパクトな筐体

幅98mmのスリムなPCタイプのサーバで、縦置きと横置きが選択可能なレイアウトフリー筐体です。
オフィスのデスクにも置くことができます。

携帯電話、iPhone3GSにも対応

標準でNTT docomo、SoftBank、auの主要3キャリア携帯電話に対応しており、iPhone3GSにも対応しています。

価格・仕様

Small Edition(50ユーザ程度が目安)

CPU Intel Pentium E2160 1.80GHz
メモリ 1GB
ハードディスク 160GB×2(7200rpm、RAID1)
標準価格 598,000円(+消費税)

Medium Edition(100ユーザ程度が目安)

CPU Intel Xeon E3110 3GHz
メモリ 2GB
ハードディスク 500GB×2(7200rpm、RAID1)
標準価格 798,000円(+消費税)

※ハードウェア保守 3年オンサイト保守サービス(月~金9:00~18:00 翌営業日対応)3年パーツ保証付き。
※その他、製品価格の10%の年間保守(問い合わせサポート)への加入が必須となります。


グループウェア Aipo(アイポ)の詳細ついては、こちらのページをご確認ください。

ネットワーク等に関する「お問い合わせ」、「お見積もり」などお気軽にご連絡下さい。専門スタッフがお客様のご相談にお答え致します。
お問い合わせ お問い合わせ
ページTOPへ