エフセキュア(F-Secure) Linuxセキュリティ フルエディション/Linuxサーバ向けセキュリティ|ネットワーク・Linuxサーバ構築のBIAS.JP

ジャパンメディアシステム
会社概要 お問い合わせ
BIAS.JP

エフセキュア製品は、アンチウイルス製品評価機関の世界的な権威とされる「AV-comparatives」が行ったテストにおいてトップクラスの成績を収め、「Top Rated Product 2013」を獲得しました。また、ドイツのセキュリティソフト第三者評価機関のAV-TESTにて、保護効果の最も高い企業向け製品として、F-Secure Client Security が「AV-TEST AWARD FOR BEST PROTECTION 2013」を獲得しました。

Linuxセキュリティ フルエディション

ジャパンメディアシステムは、エフセキュア株式会社の認定を受けた販売代理店です。

アンチウイルス、スパイウェア対策、ファイアウォール、改ざん防止機能、ルートキット保護を搭載したLinux向け統合型セキュリティパッケージです。Linuxセキュリティ フルエディションは、日本語のGUIで各種設定が行えます。

製品概要・特徴

Linuxセキュリティ フルエディション操作画面基本的なウイルス、スパイウェア対策機能だけでなく、ファイアウォール、ルートキット対策機能などを加え、Linuxベースのファイルサーバ、Web サーバを保護する統合型セキュリティソフトです。
不正侵入によるファイルアクセス、ファイル改ざんを防止する機能も付いていますので、昨今話題のガンブラー対策ソリューションとしてもご使用いただけます。更に、集中管理ツール「ポリシーマネージャ」により、Windows混在環境においても一元的に管理できます。

高性能スキャンエンジンによる、ウイルス、スパイウェア対策

Linuxは勿論のこと、Windows等のLinux以外のOSプラットフォームを対象とした、ウイルス、スパイウェアを検出、駆除し、更にリスクウェアの検出も可能なため、ファイルサーバ、Web サーバ、FTP サーバ等、アクセスする利用者のプラットフォームが画一でない環境でも、ウイルス、スパイウェアの感染を防ぎます。

新種ウイルスに対する素早い対応

アンチウイルスソフトが優れているかは、新種ウイルスの流行に対する対応速度により判断されます。エフセキュアのアンチウイルスソフトが競合製品を比べて常に優位を保っている理由はここにあります。
エフセキュアでは、最小の帯域幅を利用して更新ファイルを配布する最高水準の技術「オートマチックアップデートエージェント」により、インターネットを通じて広がる感染速度の高い新種ウイルスに対して、緊急時には2時間以内、通常でも毎日1、2 回の頻度でパターンファイルを生成。ユーザに意識させることなく、自動的かつ確実に配信しています。

不正侵入によるファイルの改ざんを防止

サーバ内の指定のファイルの変更を完全にブロックしたり、指定のファイルの変更があった場合にアラートを上げることができます。サーバに不正侵入し、無断でWebページなどを書き換えるファイル改ざん行為を防ぎます。

使いやすい日本語GUIによる簡単設定(フルエディション)

対象端末の設定は、日本語GUIにより簡単に行うことが可能です。各端末のウイルスソフトの設定の変更も日本語GUIを通して容易かつ迅速に行うことができます。

「エフセキュア ポリシーマネージャ」により一元管理が可能

「エフセキュア ポリシーマネージャ」は、エフセキュア Linuxセキュリティ フルエディションを含むエフセキュア製品の導入、設定、運用、管理を一元的に行うことができる、無償で提供される管理ツールです。ウイルス、不正侵入等のセキュリティ警報を「エフセキュア ポリシーマネージャ」がキャッチし、管理者に通知します。1つのコンソールから10,000台以上のコンピュータを管理することができるので、インストールや設定、更新を行うために、コンピュータが設置されている場所に出向く必要はありません。また、インストールや操作は、機能性が高く直観的に操作できる日本語GUIを採用しているので、短時間で操作を覚え実行することができます。


Linuxセキュリティ フルエディションの動作環境・対応プラットフォーム・ライセンス価格はこちら

ネットワーク等に関する「お問い合わせ」、「お見積もり」などお気軽にご連絡下さい。専門スタッフがお客様のご相談にお答え致します。
お問い合わせ お問い合わせ
ページTOPへ