SPAMSNIPER(スパムスナイパー)/スパムメール対策|ネットワーク・Linuxサーバ構築のBIAS.JP

ジャパンメディアシステム
会社概要 お問い合わせ
BIAS.JP

SPAMSNIPER(スパムスナイパー)/スパムメール対策

スパムスナイパーは迷惑メール、ウィルスメールのフィルタリングはもちろん誤送信防止機能まで有した、統合メールセキュリティソリューションです。柔軟な設計思想がフレキシブルな運用設定を可能にし好評を得ています。

製品の特徴・概要

迷惑メール、ウィルスメールのフィルタリングを行うソリューションとしてメールサーバの前に置き、メールのブロック・ウィルスからの保護、送受信メールのフィルタリングをリアルタイムで行います。


メールサーバの保護
SMTPを基本にトラフィック&トランスミット機能でフィルタリングとメールサーバを保護
メールサーバの保護
迷惑メールフィルタリング
19のアルゴリズムと4レイヤフィルタリングコントロールエンジンによる優れた検知率、フィルタリング精度
迷惑メールフィルタリング
ウィルスメールフィルタリング
Commtouchのアンチウィルスエンジンを搭載し素早く確かなウィルスチェック
ウィルスメールフィルタリング
情報漏洩対策
外部へ送信する全てのメールテキストと添付ファイルをフィルタリングして企業の情報漏えいに対応します。
情報漏洩対策
メールトラフィック管理
メールのトラフィック管理により運用費用やリソースの節減ができます。
メールトラフィック管理
メールサーバ障害管理
中央コントロールセンターでサーバエラーや警告情報を検知しています。
メールサーバ障害管理

SpamSniperの優位性

強力なフィルタリングエンジン
19のアルゴリズムと4レイヤフィルタリングコントロールエンジンにより進化する迷惑メールにいち早く対応。
メールサーバ保護
SMTPを基本とする攻撃をブロック、メールボム対策・不正リレーコントロール、トラフィックおよびトランスミッション
優れた検知率
正常メールをスパムとして誤検知した比率:0.00002 ~ 0.00003
スパムメールを正常メールとして誤検知した比率:0.001 ~ 0.002
スパムパターンのリアルタイムアップデート
情報漏洩対策
上長決裁機能のほか、外部へ送信する全てのメールに対して自動的にテキストのフィルタリング、添付ファイルの自動ZIP暗号化、URLリンク変換を行います。
拡張性と安定性
ASPサービスのためにマルチメールサーバ、プロキシとブリッジセットアップ、グループ・個人のフィルタリング設定を容易に実現。

設置構成図

Proxy Mode

DNSのMXレコードのみを変更してメールトラフィックをSpamSniperへ移動する方式

Proxy Mode構成図

Bridge Mode

SpamSniperとメールサーバを直接連結する方式

Bridge Mode構成図


ラインアップ

アプライアンス製品

アプライアンス製品はソフトウェア・ハードウェア一体型で、4モデルを用意しています。

全製品、ユーザアカウント数は無制限です。メール流量により最適な機種を選択してください。
ソフトウェアの機能に差異はなく、アプライアンスならではのコストメリットと信頼性があります。
また、最上位機種の10000Aは、完全2重化モデルです。

Appliance SA1000 2000B 5000B 10000A
SPAMSNIPER SA1000 SPAMSNIPER 2000B SPAMSNIPER 5000B SPAMSNIPER 10000A
CPU Intel Atom D425 Single core Intel Core i3-3220 Dual Core Intel Core i5-2400 Quad Core Intel Quad Core E5505
1.8GHZ 3.3GHz Cache 3M 3.1GHz Cache 6M Xeon 2GHz x 2
Memory DDR3 2GB 667MHz DDR3 8GB DDR3 8GB DDR4 8GB
Network 10/ 100/ 1000 10/ 100/ 1000 10/ 100/ 1000 10/ 100/ 1000
Gigabit 6Port Gigabit 6Port Gigabit 6Port Gigabit 6Port
(1 Pair By-pass) (2 Pair By-pass) (2 Pair By-pass) (1 Pair By-pass)
Weight(kg) 4.1 5 5 26

ソフトウェア機能は全モデル共通となっていますので、モデルの選択は1日のSMTP接続件数(SMTPで拒否したメール数を含む)などを目安にご検討ください。
価格体系などの詳細につきましてはお問い合わせください。
※仕様は予告なく変更される場合があります。

仮想化 製品

SpamSniper VA(Virtual Appliance)は、仮想化インフラに最適なメールセキュリティ環境を提供します。

OSやH/Wのインストールを不要とする仮想化システムとして、簡単に短時間のインストールが可能です。

  • SpamSniper VAの追加インストールが容易です。
  • 他の仮想化インフラへの移行に便利です。
  • 他の仮想化アプリケーションとの統合運用として、管理費用、電力、空間の節約が可能になり、全体的な運用コストを低減できます。
VMware Citrix その他
ESX/ESXi 5.x, 6.x
VMware Server
Vmware Workstation
XenServer 5.5以上 その他の仮想化インフラのことは別途お問い合わせください。

ユーザアカウント数に応じた価格体系になっております。価格体系などの詳細についてはお問い合わせください。
ハードウェアスペックはメールの流通量によって変動します。適正なハードウェアをご用意ください。
※仕様は予告なく変更される場合があります。

ソフトウェア 製品

ソフトウェア製品はユーザ数ベースでご提供させていただきます。
お客様にて、ハードウェアをご準備していただきます。
動作環境
ハードウェア CPU:Pentium4 2.8GHz 以上
RAM:2GB 以上
HDD:160GB
対応OS CentOS 6x 64bit
Redhat Enterprise 6x 64bit

ユーザアカウント数に応じた価格体系になっております。価格体系などの詳細についてはお問い合わせください。
ハードウェアスペックはメールの流通量によって変動します。適正なハードウェアをご用意ください。
※仕様は予告なく変更される場合があります。

SpamSniper(スパムスナイパー)の開発・販売元

株式会社 JSecurity
https://www.jsecurity.co.jp/

ネットワーク等に関する「お問い合わせ」、「お見積もり」などお気軽にご連絡下さい。専門スタッフがお客様のご相談にお答え致します。
お問い合わせ お問い合わせ
ページTOPへ